メリットいっぱい 今話題のスマートハウスとは

住宅ローン控除について

かなり大きな買い物になってしまうマイホーム購入ですが、戸建てにしてもマンションにしても住宅ローンを活用するのが一般的になっています。
こうした住宅ローンの負担を軽減するものとして住宅ローン控除というものがあります。
これは住宅借入金等特別控除という正式名称があるのですが、決められた期間住宅ローンの残高のうちのいくらかの分を所得税から控除してくれるという制度になっています。
最高で500万円の控除が可能になっているということですが、あくまで控除額になりますので相当の額の金額がもらえるということではありません。
これらの住宅ローン控除ですが、居住を開始した年の制度が適応されることになっており、毎年住宅ローンの年末残高や控除の年数やその率というのは変化しています。
ちなみに住宅の種類によっても控除額には変化があります。
認定住宅といわれる長期優良住宅の場合には、控除額も多くしてもらうことが可能になっており最大控除額においても一般的な住居よりも優遇されています。
このような住宅ローン控除なのですが、どのような方でも控除が受けられるというわけではなく住宅ローン控除を受けるにはある程度の条件を満たさなければなりません。
条件としては新築等の日から6か月以内に居住しており、適用を受ける各年の12月31日まで住んでいなければなりません。
ほかには特別控除を受ける年分の合計所得金額が3千万円以下であることや、返済期間が10年以上の一定の借入金があることなどがあげられるでしょう。
また中古戸建てやマンションであっても、これらの控除を受けることは可能になります。
しかしこの場合にはその物件が25年以内に建築されて耐火建築物の建物として認められている必要があります。
また一定の耐震基準に適合することも条件としてあげられています。
ちなみに住宅を購入したあと、転勤などで住まなくなってしまうということがあるかもしれませんが、住んでいない期間についてはこの控除を受けることができません。
しかし再び購入した家に戻ってきた場合には、残存期間について控除を受けることができますのでしっかり手続きをするようにしたいものです。