メリットいっぱい 今話題のスマートハウスとは

ローンによる金利の差

マンションや戸建てに関わりなく、マイホーム購入のさいにはローンを利用するという方は多いようです。
もちろん金融機関によってさまざまなローンがあり、それぞれの金利は違うのですが、ローンの種類によって金利というのは似通った数値になっています。
では具体的にどのようなローン商品があるのでしょうか。
まずあげられるのが変動金利型ローンといわれるものです。
変動金利型というのはその名のとおり、金融の動きによって金利が変動するというものですが、基本的には低い金利が特徴になっています。
また多くの金融機関では、適用される金利に審査をもうけており幅をもたせているため、店頭金利からの引き下げ幅をふやし金利を安くしているというものもあるようです。
ちなみにこれらの変動金利型の場合、金利は1%に満たないものがほとんどになっています。
続いて紹介できるローンとしては短期固定といわれるものもあげられます。
これは一定期間の金利を固定するというものですが、なかには0.5%というようなかなり低い金利になっているものもありますので、変動金利型にしようかとしている方には選択肢のひとつとして考えることができるかもしれません。
しかし金融機関によっては1%を超えるものもありますので、10年固定など比較的長期での固定を希望する場合には、しっかり情報収集をして金融機関を選ぶことが重要だといえるでしょう。
続いて取り上げることができるものとして全期間固定ローンといわれるものもあります。
景気の回復とともに金利も上がりつつあり、金融機関によっては2%後半の金利になっているものもあります。
このようにローンの種類によって金利には差があり、ローンの総額にもかなりの影響がありますのでよく金融機関を比較してみることは重要です。
また金利だけに話をしぼっていますが、保証料や事務手数料というものもローンには関係してきますので、それを考慮した総支払額での比較も重要になってくるでしょう。

注目のワード、以下サイトでチェック